HOME > 点滴療法 > マイヤーズ・カクテル点滴療法
施設概要
map
名称

大阪再生医療センター

住所

〒530-0042
大阪市北区天満橋1-8-40
帝国ホテルプラザ 2階

電話

06-6881-1605

詳細はこちら

覚悟の瞬間

日本の再生医療で挑む現場

マイヤーズ・カクテル点滴療法

マイヤーズ・カクテル点滴療法とは

環境の汚染や食生活の乱れ、ストレスなど様々な要因により、人体は気づかないうちにダメージを受けながら生活しています。そういった状況の中で、不足しがちなビタミン・ミネラルの補給を怠ると、様々な病気や症状の発生に繋がります。

マイヤーズカクテルには、ビタミンB1,B2,B3,B5,B6,B12,ビタミンC、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)などの成分がバランスよく含まれています。マイヤーズカクテルが他の点滴と大きく異なる点は、MgとCaのミネラルが含まれていることです。ストレスによってマグネシウムの低下が起こり疲労感が生じると言われますが、マイヤーズカクテルはこれらの成分を点滴で急速に補正することで症状の改善を行います。

また、人間は炭水化物・タンパク質・脂質などの栄養素をATPというエネルギーに変換して日々の活動を行っています。体重60kgの方が一日に産生するATPは80kgと莫大な量です。栄養素をATPに変換する回路の様々な部分でビタミンB群は使われており、ビタミンB群を補給することで、エネルギー産生がスムーズに行われるようになります。ビタミンCの抗酸化作用で体の酸化を改善します。これらの複合作用により体調の改善を行います。

マイヤーズカクテルの由来

メリーランド州ボルティモアで開業しているジョン・マイヤーズ医師は30年以上にわたり、喘息、慢性疲労、うつ病などの患者をビタミンやミネラルの点滴で 治療することで有名で、たくさんの患者さんが訪れていました。マイヤーズ先生の市御、先生の点滴療法を受け継ぐ医師がおらず、困った患者さんは別の家庭医を探しました。その中の一人にペンシルバニア州カーライル市で開業しているアラン・ガビー先生がいました。ガビー先生はアメリカホリスティック医学協会の元会長で、患者さんからマイヤーズ先生の点滴療法の話を聞いて、すぐに興味が湧いて調べました。
こうしてガビー先生はマイヤーズ先生の点滴処方を現代医学のエビデンスに合わせて再現したのです。ガビー先生はこの点滴処方をマイヤーズ・カクテルと名付 け、最近11年間に外来で1,000人の患者に15,000件の点滴療法を実施したのです。ガビー先生はこれまでに30以上の学会で数千人の医師に教育講演をし、今や全米で10000人以上の医師がマイヤーズカクテルを治療に取り入れています。

マイヤーズカクテルで点滴するビタミンやミネラルの内容

ビタミンB1,B2,B3,B5,B6,B12,ビタミンC、グルタチオン、マグネシウムなど

マイヤーズカクテルの適応となる疾患

気管支喘息 / 偏頭痛発作 / 全身倦怠感・疲労 / 慢性疲労症候群 / 線維筋痛症
こむら返り / 急性上気道炎 / 慢性副鼻腔炎 / アレルギー性鼻炎 / 慢性蕁麻疹
甲状腺機能亢進症 / 心不全 / 狭心症 / 生理不順など

副作用について

もともと人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンとミネラルの点滴療法です。
副作用は殆どない安全な点滴療法です。

料金

詳細はお問い合わせいただくか、またはカウンセリングのご予約をお願いいたします。

大阪再生医療センター 受付時間

ページ上部へ