HOME > 再生医療 > 皮膚再生医療 > スーパーリセリング
施設概要
map
名称

大阪再生医療センター

住所

〒530-0042
大阪市北区天満橋1-8-40
帝国ホテルプラザ 2階

電話

06-6881-1605

詳細はこちら

覚悟の瞬間

日本の再生医療で挑む現場

スーパーリセリングとは?

スーパーリセリング誕生!あのリセリングを超えた、驚異の効果と満足度を実現。

スーパーリセリングとは? リセリングと、なにが違うの?

最培養技術が向上しました

以前は細胞の増殖能(培養してどれくらい増えるか)には個人差がありました。このため、65歳以上の患者さまの治療を原則としてお断りしていました。また、数か所に治療を希望された患者様でも、希望する箇所すべてをカバーできる細胞数に満たず、治療範囲を縮小せざるをえないことがありました。

以上の状況を打破すべく、当院CPC(細胞培養室)
において研究、検証を 重ねた結果、2009年6月から
細胞培養技術に改良を 加えました。その結果、
細胞増殖が個人差に左右 されることなく安定しました。

以来、65歳以上の方を治療の適応外としたり、
治療範囲を縮小することがなくなったことは
言うまでもなく、 以前に比べて治療範囲の
最大限度を 引き上げことが 可能となり、
より多くの患者様の要望にこたえられる
ようになりました。

さらに細胞を安定して数多く増殖させることが
できるようになったことで、注入細胞濃度を以前より
1.5倍から2.0倍程度上げることが可能となり、
従来のリセリングに比べ治療効果が高くなりました。

細胞定着率が向上しました

患者様から採取して培養した細胞を、患者様の体外で増殖させ、注入によって患者様の体内に戻す、という治療は、 医学的に移植(いしょく)と呼ばれます。やけどの治療などで行われる皮膚移植でも同じことがいえますが、移植の際、 最も重要なのは移植したものがどれくらい定着するか、ということであり、この定着率は治療結果を大きく左右します。

リセリングの開発当初より、研究者はこの定着率に着目していましたが、当院の開院以降も検証を重ねてきました。

スーパーリセリングでは、定着率を向上させるために術前処置を行います。

種を植える前の畑を、種が芽を出し大きく成長して良い実をつけることができるよう、土壌の状態を最良の状態に 整えておく、というイメージです。

スーパーリセリングファースト まずは低料金でリセリングを体験してみたい、という患者様へ

スーパーリセリングファーストとは?

スーパーリセリングに興味はあるけれど、

  • 注射による赤み・はれが、どれくらいなのか気になる、、、
  • 仕事が忙しくて、何度も通院するのはちょっと、、、
  • お値段が高いから、治療の第一歩が踏み出せない、、、

という患者様に、スーパーリセリングを体験していただくための、お手軽なコースです。
注入は一回のみとすることで、通院回数を減らし、治療費を大幅に引き下げました。
まずは低料金から、スーパーリセリングを始めてみませんか?