HOME > 再生医療 > 皮膚再生医療 > リセリング
施設概要
map
名称

大阪再生医療センター

住所

〒530-0042
大阪市北区天満橋1-8-40
帝国ホテルプラザ 2階

電話

06-6881-1605

詳細はこちら

日本の再生医療で挑む現場

300人を超える臨床実績数、臨床を積み重ね、昇華された技術力、安心・安全の細胞培養治療を実現するための院内培養施設・・・
目指すものは、絶え間ない進歩と絶対の安心・安全。

当院は皮膚再生医療を提供する医療機関として、他院の追随を許さない確固たるポリシーと高いレベルの治療を提供しております。

リセリングとは?

自分の細胞を使ってしわを取り除く究極のアンチエイジング。

リセリングとは名古屋大学で開発された、世界初、究極の美容・再生医療 技術です。大阪再生医療センターは、名古屋大学に認可されてリセリング を行うことができる、日本で唯一の医療施設です。また、当院で行っている リセリングは、現在も名古屋大学において、豊富な症例と蓄積されたデー タ、動物実験などから、さらに確実で効果の高い技術の確立に向け、日々 研究がつづけられています。

リセリングのメニュー

最先端の皮膚再生医療による「お肌の若返り療法」
最先端の皮膚再生医療による「お肌の若返り療法」リセリングは、患者様自身の口の中から取り出した線維芽細胞(せんいがさいぼう)を 培養して、老化したり、紫外線などによりダメージをうけた皮膚に注入し、皮膚そのも のを改善する治療です。

※線維芽細胞・・・肌をつくる基本となる、コラーゲン・ヒアル
ロン酸などを産出する細胞
最先端の皮膚再生医療による「お肌の若返り療法」
最先端の皮膚再生医療による「お肌の若返り療法」注入した細胞がコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどを作り出すため、これらの 減少による皮膚の衰え(しわ、たるみ、毛穴の開きなど)や皮膚のダメージが改善 されます。
こんな症状にリセリング技術は最適です。
リセリング技術は、このような方に、特におすすめいたします。

自分自身の細胞を使用するメリット

安心・安全

患者様ご自身から採取して培養した線維芽細胞を使用するため、アレルギーや感染に対する安全性が非常に高く、安心して治療を受けて頂けます。

持続力

数千万個もの活発な線維芽細胞を注入することにより、あなた自身のお肌が本来持っているはりと潤いがよみがえります。しかも、線維芽細胞がコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを産生し続けるため、治療による効果が持続します(術後の経過により個人差があります)。

細胞の保存(バンキング)ができます

治療の際に使用する細胞を、凍結して保存しておくことができます。
もう一度リセリングを受けたいと考えた時、それより何年も若い時に保存しておいた細胞を解凍して培養し、リセリングに使用することができます。

口腔内(お口の中)から組織採取するメリット

患者様のメリット

  • 口腔内なのでキズが残りません。
  • キズが早く治癒し、また日常生活の制限が殆どありません。
  • 洗髪できないなどの制限が無く、吸収糸による縫合の為、抜糸の必要がありません。

細胞培養のメリット

  • 名古屋大学での研究の結果、口腔内から採取、分離した線維芽細胞は他の部位より採取したものに比べて細胞増 殖能及び抗酸化作用が明らかに優れていることがわかっております。
  • 口腔内(お口の中)は紫外線があたっていない為、細胞の変異がありません。
  • 口腔内(お口の中)は綺麗な状態の人で400種類、そうでない人で2万~3万程の細菌が常にいるため、細胞自身の 免疫能力が非常に高い事がわかっています。

リセリングを超えたスーパーリセリングが開発されました!

スーパーリセリングとは? リセリングと、なにが違うの?
細胞培養技術が向上しました

以前は細胞の増殖能(培養してどれくらい増えるか)には個人差がありました。このため、65歳以上の患者さまの治療を原則としてお断りしていました。また、数か所に治療を希望された患者様でも、希望する箇所すべてをカバーできる細胞数に満たず、治療範囲を縮小せざるをえないことがありました。

当院CPC(細胞培養室)において研究、検証を重ねた結果、
2009年6月から細胞培養技術に改良を 加えました。
その結果、細胞増殖が個人差に左右 されることなく安定しました。

また、65歳以上の方を治療の適応外としたり、
治療範囲を縮小することがなくなりました。

肌再生治療で移植するのは、線維芽細胞であり、
その線維芽細胞が1ccあたりどれくらいの
個数存在しているかが効果を大きく左右します。
効果を得るための必要最低濃度は名古屋大学での
厳密な研究結果から実証されており、当院での
治療はこの必要最低濃度を下回る事はありません。

さらに細胞を安定して数多く増殖させることが
できるようになったことで、注入細胞濃度を以前より
1.5倍から2.0倍程度上げることが可能となり、
従来のリセリングに比べ治療効果が高くなりました。

細胞定着率が向上しました

自己の細胞といえど、いったん体から切り離したものを再び体に戻す事は移植で あります。
移植術においてもっとも重要視すべき事は、移植片の定着でありますが、生体が 一度に定着させる事が出来る細胞数には限界があるため、線維芽細胞の移植 (注入)は3回にわけて行う必要があります、従いまして当院の治療では3回注入 を基本としております。

スーパーリセリングでは、定着率を向上させるためにさらに術前処置を行います。

人工物によるしわ治療とスーパーリセリングの違い

療法 人工物によるしわ治療 スーパーリセリング
材料 コラーゲンヒアルロン酸などの注入薬 患者様自身の線維芽細胞
効果 3~12ヶ月 平均約3年以上
(術後の経過により個人差があります)
安全性 アレルギー反応の恐れがある 自身の細胞を使用するので非常に高い

スーパーリセリング治療の手順

スーパーリセリング治療の手順

※詳細は、カウンセリング時に医師から説明させていただきます。

料金について

費用

初診料 ¥3,240
再診料 ¥2,160
初期検査料 ¥40,000

治療費

症状などによって金額が変わりますので、詳しくはカウンセリングまでお越しください。

バンキング費用(線維芽細胞の凍結保存料)

スーパーリセリングを受けられた方 月々7,000円ただし、治療後6カ月までは無料
バンキングのみご利用の方 月々8,000円

※細胞の保存(バンキング)のみご利用の方は、別途細胞探取料と初期培養料が必要となります。

その他のアンチエイジング

  • サリチル酸マクロゴールドピーリング
  • 超音波イオン導入

ページ上部へ