HOME > 再生医療 > 歯槽骨再生治療
施設概要
map
名称

大阪再生医療センター

住所

〒530-0042
大阪市北区天満橋1-8-40
帝国ホテルプラザ 2階

電話

06-6881-1605

詳細はこちら

覚悟の瞬間

日本の再生医療で挑む現場

歯槽骨再生治療

最先端の歯槽骨再生法 肉体的負担が軽く、安心で短期間に歯槽骨を再生する

TE-BONE™について

歯槽骨が薄くなっている患者さんに、インプラントを埋め込めるようにするために肉体的負担が軽く、安全で短期間に、歯槽骨を再生する方法が開発されました。
これは、東京大学医科学研究所と株式会社TESホールディングスの共同研究で新規に開発された再生治療法で、患者様自身の幹細胞および血清を用いて作製された培養骨を移植して歯槽骨を再生させる最先端の治療法(TE-BONE™)です。

特徴

TE-BONE™は従来のインプラント治療の為の土台の骨づくり(自家骨移植、骨補填剤の注入)に比べて、治療期間が短く、かつ自己の細胞を使うため拒絶反応も無く、高い治療効果が期待できます。
何らかの疾患や外傷により歯槽骨が不足していてインプラントが出来ない方(特に、歯槽骨が5mm未満の高度吸収症例の方)、インプラントの安定性が得られなかった方など、これまでのインプラント治療に不安のある方が対象となります。

特徴
歯槽骨再生治療の対象となる患者様について

歯周病などで歯が失われ、インプラント治療を希望されていても、歯槽骨の萎縮のためにインプラント治療を受けること できない方。特に萎縮が高度で骨移植が必要な方が対象となります。

大阪再生医療センターの骨再生治療の流れ

口腔内科治療の詳細はこちらへ 1.口腔内科治療 2.血液検査 3.骨髄液の採取 4.培養骨の作製 5.移植手術 6.インプラント施術

臨床例

施術前施術後
施術前施術後
施術前施術後
施術前施術後
大阪再生医療センター 受付時間

ページ上部へ